特別養護老人ホーム

2019年度 法人事業計画

年間目標:発言に責任を持つ

①財務の視点

  1. 継続的に営業を行い、利用者の獲得に努める。

②顧客の視点

  1. 全ての職員がマイナス思考の発言をしない。
  2. 職員間で何でも話せる環境を作るため、交流会や話し、合いの場を設け関係性を構築する。
  3. アンガーマネジメントの研修会に参加し、その方法を共有することで他者が理解できるようにする。
  4. 各職種の専門性を生かした健康教室を行い、地域の方々の健康寿命を延ばす。

③業務プロセスの視点

  1. 週1回ブログ更新を確実に行い、フェイスブック等のSNSについても充実を図っていく。
  2. 各事業所の職員が同一法人の職員であることを自覚するため、事業所間で体験研修を実施する。
  3. 現在、時間を要している業務を洗い出すためのアセスメントを実施する。

④人材と変革の視点

  1. 周辺高校、大学に対し、陽光の存在を周知するため学校訪問を行い、ボランティアや見学を集う。
  2. 施設内研修会の内容の充実を図り、年間計画に沿って滞りなく実施する。
  3. 職員各自に応じた目標設定を行い、目標面接を定期的に行っていく。
酉
酉
酉
酉