理事会・評議員会報告

社会福祉法人陽光 定時評議会議事録

日 時:平成29年6月3日(土) 10:30~11:45
場 所:熊本県熊本市西区河内町白浜字堀切1440-2
    みかんの丘 地域交流センター夢見館
評議員総数:8名
出席評議員:6名
  出席評議員:西田伸二、上杉茂雄、森崎光、藤井浩孝、坂本篤史、山野清治
欠席評議員:2名
  欠席評議員:土屋政伸、富永則幸
出席監事:1名
  出席監事:村田彫二
その他陪席:4名
  陪席:上野歩、河津磨和、池尻久美子、前川直

議事経過の要領とその結果

 上記の通り定款第13条第1項に規定する定足数に達したので、本評議員会は適法に成立した。定款第14条第2項の規定により、議長選任について議場に諮ったところ、評議員坂本篤史が全員一致を持って可決選任された。
坂本篤史は議長席につき、定款第14条第2項に定める議事録署名人を議場に諮ったところ上杉茂雄、森崎光が全員一致をもって可決選任された。被選任者は即時その就任を承諾し直ちに議案審議に入った。


第1号議案:監事監査報告・平成28年度決算について

議長は平成28年度の監事監査について、監事に報告を求めた

村田監事:監事監査報告から議案が始まっているけど、評議員会では事業報告はしなくて良いのか

前川:今回の法改正にて役割が明確になっており、評議員会での決議事項には入っていませんが

村田監事:決算の金額だけを承認するってことは、どんな事業内容でもいいけど決算額が良ければ承認ってことになりますよね

森崎評議員:次回からは理事長の挨拶を先にしてもらって、要点だけでもいいので年度事業計画の総括を挨拶に入れるようにしたらどうですか

前川:そのように準備いたします

村田監事は、監査報告書に基づき次のように説明した。

村田:平成28年度の監事監査を矢野文夫監事、村田彫二監事の2名により平成29年5月11日に実施しました。事業報告、財産目録、貸借対照表、賃金収支計算書及び事業収支活動計算書において関連する法令及び通知に従い、不備な点はないと認められた。また理事の職務遂行に関する不整行為又は法令・通知もしくは定款に違反する重大な事実はないと認められた。法人運営、会計監査に関して指摘事項はなかったが、更にサービスの質向上を目指すための意見として先ほど話をしました別紙に記載しております。
各種委員会、処遇計画等について記載していますが、やはりPDCAが課題だと感じます。これは法人全体にも言えることで、目標を立てて、実行して、一年後チェックして達成できたのかを検討し、なぜ達成できなかったのか理由等を考えて次につなげていくことが大事だと思いますので、そこのところを今後は頑張っていただきたいと思います。

議長は平成28年度の決算報告について、担当者より報告説明することを伝え、担当者は資料に基づき説明した。

前川は財産目録及び貸借対照表、財務諸表に対する注記等の決算書類に基づき、議場の理事に対して次のように説明した。

前川:財産目録について、流動資産は131,348千円で終えました。固定資産の基本財産としては土地が135,000千円、建物が474,047千円となり、最終的に資産合計が766,069千円の所有となりました。事業未払金として3月未払いが9,407千円、3月16日から31日までの職員給与未払いが11,809千円、借入金返済等を含めて流動負債合計が36,276千円となりました。固定負債として当施設の建設での借入金が85,180千円の借入残高となり、負債合計で121,456千円となりました。差引純資産として644,612千円で終えました。次に前年比で貸借対照表では流動資産は前年比8,484千円増加、固定資産は減価償却等で減少し、流動負債は前年比10,201千円減少となりました。固定負債は85,180千円と前年比15,040千円減少しました。財務諸表に対する注記より当法人の退職給付制度として独立行政法人福祉医療機構の共済制度を採用している為、一括費用計上となります。基本財産としては減価償却を行い609,047千円の所有となりました。その基本財産を福祉医療機構へ担保に供した資産としています。固定資産としては減価償却を行い、基本財産を含まない金額で20,865千円を所有しています。債権としては国保連、利用者に合わせて69,963千円の残高となっています。
次に資金収支予算対比としては法人全体より説明します。事業活動収入が予算428,167千円に対して決算430,394千円と2,227千円の増となりました。事業活動支出が予算398,938千円に対して決算395,040千円と3,898千円の減となり、事業活動資金収支差額として決算額35,354千円と予算比6,125千円の増となりました。施設整備等による収入については予算どおりとなり、支出については予算比520千円の減となりました。その他活動収支差額は資金移動を除いては予算どおりとなった。当期資金収支差額合計として決算17,439千円となり、予算比6,646千円の増となりました。
次に本部拠点として事業活動収入・支出ともほぼ変わらず、事業活動資金収支差額として予算比86千円の増となった。施設設備等による収支は変わらず、その他の活動収支は資金移動による収入が予算比438千円減少し、当期収支資金差額合計として決算206千円と予算比351千円減となりました。
河内拠点としては事業活動資金収支差額が5,064千円の増、設備整備資金支出が521千円の減、施設整備等資金収支差額として決算-17,793千円と予算比521千円増となりました。その他の活動による収入計は予算比200千円の減となり、その他の活動による支出計は予算比275千円の減、その他の活動資金収支差額は予算比75千円の増となった。当期資金収支差額合計として決算10,485千円と予算比5,660千円の増となりました。
次に池上拠点としては事業活動資金収支差額が予算比1,521千円の増、施設整備等資金収支差額は決算額-122千円と予算どおり。その他の活動による収入計は予算比163千円の増となり、その他の活動による支出計は予算比200千円の減となり、その他の活動資金収支差額は予算比363千円の減となった。当期資金収支差額合計として決算6,747千円と予算比1,337千円の増となりました。

最後に、社会福祉充実残額算定シートに関して、資料のように計算し、充実残高はマイナス280,120千円となり、再投下等はしなくても大丈夫です。社会貢献の所を今年もしっかりやって行こうと思います。

以上の説明の後、議長は議場に承認を求め、満場一致で承認された。



第2号議案:理事及び監事の選任について

議長は本議案を上程し、この度の法改正により本定時評議員会の終結時をもって任期満了となる理事及び監事の改選について、担当者より報告説明することを伝え、担当者は資料に基づき説明した。

上野:今回の法改正で世代交代も考えて資料の方々を平成29年5月20日の理事会にて推薦をしていただきました。履歴書を添付しておりますので一人ひとり説明させていただき選任の議決をお願いします。

まず一人目として、私、上野歩
平成29年3月31日まで評議員として陽光に携わっておりました。同じグループでもあるのですが、長崎の社会福祉法人陽光長崎で現在理事長兼施設長として勤務しています。

理事 上野 歩(新任)  長崎県平戸市戸石川563-6

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に池尻久美子氏
特別養護老人ホームみかんの丘の施設長として現在勤務しており、現在も理事であります。

理事 池尻 久美子(再任) 熊本県玉名市天水町部田見1220-1

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に森田公一氏
福岡にあります社会福祉法人恵徳会の理事長等もされており、現在も理事でもあります。

理事 森田 公一(再任) 福岡県糟屋郡須恵町大字須恵156-139

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に原口秀輝氏
設立当初から地元の代表として、陽光の運営に関わっていただいており、現在の理事でもあります。

理事 原口 秀輝(再任) 熊本県熊本市西区河内町野出13-16

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に小畑一喜氏
現在、みかんの丘があります第2町内自治会の役員でもあり、現在の理事でもあります。

理事 小畑 一喜(再任) 熊本県熊本市西区河内町野出1039

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に前川直氏
現在、みかんの丘で事務長として勤務しております。平成29年3月31日まで評議員でした。

理事 前川 直(新任) 熊本県熊本市南区近見8-5-45

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に河津磨和氏
現在、みかんの花の管理者でもあり、主任として勤務しております。平成29年3月31日まで評議員でした。

理事 河津 磨和(新任) 熊本県熊本市西区上高橋2-10-35

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に監事の方ですが、今まで陽光の監事として関わっていただいた矢野氏から退任の話があり、新任で
梶原 浩一氏の推薦のいただいております。現在、福岡で税理士事務所を開業されており会計に関しては十分知識がある方です。

監事 梶原 浩一(新任) 福岡県福岡市南区多賀1-3-19

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

次に村田 彫二氏
これまでも監事をして頂いており、今後も監事として推薦されております。

監事 村田 彫二(再任) 福岡県福岡市城南区茶山4-6-8

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。

議長:以上が理事会より推薦していただいている理事7名・監事2名の合計9名ですが、他に推薦したい方、質問等有りましたらお願い致します。

議場:異議なし

理事 上野 歩(新任)   長崎県平戸市戸石川563-6
理事 池尻 久美子(再任) 熊本県玉名市天水町部田見1220-1
理事 森田 公一(再任)  福岡県糟屋郡須恵町大字須恵156-139
理事 原口 秀輝(再任)  熊本県熊本市西区河内町野出13-16
理事 小畑 一喜(再任)  熊本県熊本市西区河内町野出1039
理事 前川 直(新任)   熊本県熊本市南区近見8-5-45
理事 河津 磨和(新任)  熊本県熊本市西区上高橋2-10-35

監事 梶原 浩一(新任)  福岡県福岡市南区多賀1-3-19
監事 村田 彫二(再任)  福岡県福岡市城南区茶山4-6-8
任期:平成29年6月3日~平成30年度の最終の定時評議員会の終結時

議長:それでは以上9名の役員の選任で決定します。



第3号議案:理事及び監事の報酬等規程(案)

議長は理事及び監事の報酬等規程について、担当者より報告説明することを伝え、担当者は資料に基づき説明した。

前川:今回の法改正で役員報酬の決定、開示等が義務化されており新たに報酬規程を作成しましたので説明します。

担当者は資料のとおり「理事及び監事の報酬等規程」を読み上げ説明した。

議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。



第4号議案:評議員会運営規則(案)

議長は評議員会運営規則について、担当者より報告説明することを伝え、担当者は資料に基づき説明した。
前川:今回の法改正で評議員会運営規則を新たに作成しましたので説明します。
担当者は資料のとおり「評議員会運営規則」を読み上げ説明した。
議長は議場に承認を求め満場一致で選任された。



その他報告:池上拠点事業について

議長は池上拠点事業について担当者より説明することを伝え、担当者は資料に基づき説明した。
担当者の河津は事業コンセプト、事業内容、財務計画等の資料を説明し、今年度中のオープンを目指していきたい旨を説明した。

議長は、以上をもって本理事会、全ての議案を終了した旨を宣し、閉会の挨拶を述べ、11時45分散会した。



酉
酉
酉
酉